一年生の”1位”への挑戦!!

こんにちは^^

 

めっきり寒くなり”冬”を感じるようになってきましたね♪

”冬”といえば私は…「マラソン大会」を思い出します!

私の区域の小学校では、11月の終わりにマラソン大会が実施されるのです☆

 

そんなある日、一年生の姪っ子が学校から帰ってくると、

「ねぇ~!!マラソン、クラスで一番やったー!!」

と、満面の笑顔で教えてくれたのです♪

 

最近、色んな事に自信を無くしていた姪っ子からの、この言葉と表情は私もとっても嬉しかったです♪

というのも、小さいことから基本チャレンジ精神が旺盛で、比較的何でも出来てきたけれど、

小学校に入ると自分よりできる子や、頑張っている子がたくさんいることに、

少し自信を無くし、”私できないかも…”という風に思っていたのでした!

 

私は、「努力の後には必ず結果がついてくる!!」という事を姪っ子に知ってほしくて、

 

「これから毎日走ろう!!!

 1位への挑戦や~!!!」

 

と、毎朝練習することを提案したところ、もちろん姪っ子もすぐに承諾!

これで、私と姪っ子の”1位”への挑戦が始まったのです♪

 

いざ一日目・・・早朝に私を起こしに来て、楽しく走る姪っ子!

二人で「気持ちいいね~」」と言いながら、清々しく終わりました。

 

そして、二日目、三日目…。

 

寒い日が続きます。どんどん愚痴を言い出す姪っ子!

でもここで辞めるわけにはいかない(私が!)

 

私も人間です!あまりにもずっと愚痴を言う姪っ子にイライラしますが、

私も挑戦です!いろいろ模索し、姪っ子の好きなゆずの「夏色」を携帯でかけ、

松岡修造並みに、

 

「いいよ!その走り!」

「努力すれば必ず結果がついてくる!」

「あきらめない!君ならできる!」

「すごいぞ!おっ速い、速い~!」

 

と後ろから、半分ふざけながらですが、

ずーーーと声をかけました(笑)すると、あんなに愚痴だらけだった姪っ子が、

最後の一周、自分からラストスパートをかけて、走り切ったのです♪♪

 

そして、今朝の四日目!

文句を言わずに走っていると、遠くから自転車に乗った男の子が「先生~!」と

声をかけてくれたのです^^

よく見ると、私の書道教室に通っている五年生の子だったのです♪

 

「俺も今、友達と走ってきてん♪俺も一緒に走るわ♪」

 

と、一緒に走ってくれたのです♪

姪っ子にとっては、それがとても楽しく大変喜んでいました!

 

これこそ”早起きは三文の得”ですね♪

 

11月のマラソン大会、

ライバルは多く、”1位”は難しいかもしれません。

”2位”かもしれないけれど、結果はどうであろうと、すべてを受け止めて

姪っ子を思いっきり、みんなでほめたいと思います♪

またブログでもご報告しますね♪

 

たかがの、校内マラソン大会!笑

 

ですが、頑張りたいと思います!笑

 

姪っ子へ

まだまだ日にちはあるぞー!

君ならできるーーーーー!!♪